ノルレボ錠との比較|プラノバール(ヤッペ法)とノルレボ錠、どちらがより安心して使用できるのか

ノルレボ錠との比較

青いお皿にのっている薬

まずヤッペ法とノルレボ錠の違いについて紹介しておきましょう。
どちらも性行為後に女性が服用することで、事後でも高い避妊効果を発揮してくれるアフターピルです。
低用量ピルのように毎日継続して服用する必要はなく、妊娠してしまった可能性がある場合にのみ服用すれば大丈夫です。

ヤッペ法は昔から存在する方法で、ノルレボ錠の方は数年前に承認された新しい方法です。
ノルレボ錠の場合、性行為が終わってから72時間以内に服用することで避妊効果を発揮します。
基本的に、最近産婦人科から処方されるアフターピルはノルレボ錠となっていることが多いです。
72時間以内に服用すれば効果を発揮してくれますが、早いタイミングで服用すればするほど高い避妊効果に期待できるため、ノルレボ錠で緊急避妊をおこなう場合は24時間以内の服用がベストです。

ヤッペ法は性行為、決まった時間に2回中用量ピルを服用することで避妊効果を発揮する方法です。
産婦人科からの処方はノルレボ錠が増えているとはいえ、ヤッペ法での処方をしてもらうこともまだまだ多いでしょう。
こちらも72時間以内に服用しなければならないのですが、ノルレボ錠と違う点は、1回目の服用から12時間後にもう1度服用しなければいけない点です。
2回服用して効果を発揮することから、飲み忘れのリスクが若干高まってしまう点に注意しましょう。

新しく考案されたノルレボ錠は避妊効果が高いものの、その分費用も高くなっています。
それに比べ、ヤッペ法はノルレボ錠には劣るものの、それでも高い避妊効果を発揮しながら、費用が安くなっているのです。