机の上の薬

アフターピルの種類

コップと薬

最近は妊娠することを目的とせず、純粋に性行為そのものを楽しみたがる男女が増えています。
そのため、避妊をしての行為が増えています。
一般的に避妊するための方法として多いのが、コンドームの着用でしょう。
コンドームは男性器に着用するだけと非常にお手軽な利用方法となっており、なおかつ高い避妊率を発揮します。
コンビニや薬局で販売しているため購入もしやすく、私たちにとってかなり馴染み深い避妊具ではないでしょうか。

しかし、そんなコンドームも所詮は「物」でしかなく、使用している最中に破損してしまう危険があります。
そうなってしまうと避妊具としての役割を果たすことはなくなり、妊娠してしまう可能性が急激に高まってしまいます。
では、もしコンドームが破損してしまった場合、あとはただひたすら妊娠していないことを祈るしかないのでしょうか。

実はそんな緊急事態に効果を発揮する避妊薬があります。
アフターピルと呼ばれるものです。
避妊薬として毎日低用量ピルを服用する人が増えていますが、アフターピルは毎日ではなく、性行為後に1回服用するだけで高い避妊効果を発揮してくれます。
避妊に失敗してしまった可能性のある緊急事態に活躍する避妊薬なのですが、アフターピルには「ヤッペ法」と「ノルレボ錠」の2種類があります。
ヤッペ法は昔から使用されてきた種類のアフターピルで、プラノバールが特に有名です。
一方、ノルレボ錠は後から登場したアフターピルとなっています。
ノルレボ錠を処方する産婦人科も多くなっていますが、まだまだプラノバールを処方する産婦人科もたくさんあります。
そこで、ヤッペ法とノルレボ錠、どちらがより安心して使用できるのかを比較しながら見ていきましょう。

青いお皿にのっている薬

ノルレボ錠との比較

アフターピルにはヤッペ法とノルレボ錠の2種類があります。どちらも事後から避妊効果を発揮するのですが、その方法や費用に違いがあります。アフターピルを利用する場合は、みなさんに合った方法を選びましょう。

たくさんの薬

相性は人それぞれ

ヤッペ法は2回に分けて服用するため、1回の服用で体にかかる負担は軽くなっています。そのため、人によってはヤッペ法の方が副作用が少ないと感じることもあります。相性は人によって違うため、自分に合ったモノを使用しましょう。

白とオレンジの薬

通販での購入

プラノバールのようなアフターピルは、いつでも服用できるように早めに購入すべきです。そこで、オススメの購入方法として紹介しておきたいのが個人輸入代行サービスです。さまざまな医薬品を通販感覚でネット注文できますよ。

袋に入っている薬

トピックリスト

「プラノバール(ヤッペ法)とノルレボ錠」のトピックリストです。